練馬区医師会

  1. 医療機関のご案内
  2. 地図検索
  3. 医療機関名から検索
  4. 診療科目から検索
  5. 練馬区内医院一覧
  6. 救急医療機関
  7. 練馬区急患診療所
  8. 健診・検診のご案内
  9. 特定健診・特定保健指導
  10. 予防接種のご案内
  11. 産業保健のご案内
  12. かかりつけ医について
  13. 在宅医療について
  14. もの忘れ相談医
  15. 糖尿病医療連携
  16. 介護保険について
  17. 医療トピックス
  18. 医学会区民セミナー
  19. 練馬区医師会
  20. 医療健診センター
  21. 訪問看護ステーション 居宅介護支援事務所
  22. 病児保育センターぱるむ
  23. 医療連携センター
  24. 求人情報
  25. リンク
  26. 個人情報保護規定
  27. 個人情報保護方針
  28. ご意見・お問合せ

病児保育センターぱるむ

【ぱるむだより】今回のテーマ

子どもの薬の飲ませ方

原則として水か白湯で飲ませましょう

苦みやざらつきなどで飲むことを嫌がるお子さんも多いですよね。
飲ませる時のちょっとしたコツや工夫を紹介します。

シロップで甘くする
(オリゴ糖、コンデンスミルク、単シロップなど)
服薬補助ゼリーや味の濃いアイスに包み込む
飲み物や食べ物に混ぜる

混ぜる時に気をつけること

混ぜると飲みやすいもの、飲みにくいもの一覧表

混ぜる時に気をつけること ぱるむでは、年齢やお薬が好きな子、苦手な子に応じて飲ませ方を工夫しています。基本的には白湯で飲ませます。

苦手な子には、
(1) 好みのものに混ぜる
(2) 人形やパペットに先に飲ませる
(3) 上手な子の見本をみせる
など、進んで飲めるように心掛けています。 そしてお薬が飲めた時には褒めてあげます。

発熱とは多くの場合、ウイルスや細菌などの病原体に対する防衛反応の一つです。ウイルスは熱に弱く、体の熱が高いほうがウイルスや細菌と戦う力が増します。ですから、体にとって悪いことばかりではありません。

解熱剤は病気を治すのではなく、熱を一時的に下げ、つらい症状を和らげるものです。そのため効果が切れると再び熱は上昇します。熱が上昇するときは、身体もつらく苦痛を感じることがあります。解熱剤を使うときには体温の高さだけでなく、機嫌のよしあしや食欲、睡眠を見てつらそうな時に使いましょう。

◇解熱剤を使う目安

・熱が高い(おおよそ38.5℃以上)
・38.5℃より低くても苦しそうで眠れない時
・機嫌が悪い
・食欲がなく、水分もとれない

◇解熱剤を使わなくてもよいとき

・熱が高くても眠れている
・機嫌がよい
・食欲があり、水分もとれている

気をつけること

  1. ぱるむTOP
  2. ぱるむ光が丘
  3. ぱるむ大泉
  4. ぱるむだより
  5. ぱるむのお食事

  1. 地図検索
  2. 医療機関名から検索
  3. 診療科目から検索
  4. 練馬区内病院一覧
  5. 救急医療機関
  6. 練馬区急患診療所
  7. 健診・検診のご案内
  8. 予防接種のご案内
  9. 産業保健のご案内
  10. かかりつけ医について
  11. 在宅医療について
  12. もの忘れ相談医
  13. 糖尿病医療提携
  14. 介護保険について
  15. 医療トピックス
  16. 医学会区民セミナー
  17. 特定健診・特定保健指導
  18. 練馬区医師会
  19. 医療健診センター
  20. 訪問看護ステーション 居宅介護支援事務所
  21. 病児保育センターぱるむ
  22. 医療連携センター
  23. 練馬区医師会携帯サイト

ページトップへページトップへ