練馬区医師会

  1. 医療機関のご案内
  2. 地図検索
  3. 医療機関名から検索
  4. 診療科目から検索
  5. 練馬区内医院一覧
  6. 救急医療機関
  7. 練馬区急患診療所
  8. 健診・検診のご案内
  9. 特定健診・特定保健指導
  10. 予防接種のご案内
  11. 産業保健のご案内
  12. かかりつけ医について
  13. もの忘れ相談医
  14. 糖尿病医療連携
  15. 介護保険について
  16. 医療トピックス
  17. 医学会区民セミナー
  18. 練馬区医師会
  19. 医療健診センター
  20. 訪問看護ステーション 居宅介護支援事務所
  21. 病児保育センターぱるむ
  22. 医療連携センター
  23. 求人情報
  24. リンク
  25. 個人情報保護規定
  26. 個人情報保護方針
  27. ご意見・お問合せ

病児保育センターぱるむ

【ぱるむだより】今回のテーマ

感染性胃腸炎を予防しましょう

Q1 感染性胃腸炎ってどんな病気?
A 冬になると毎年、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が流行します。ウイルスに感染すると、1~2日の潜伏期間の後、吐き気やおう吐、下痢、発熱などの症状がみられます。人から人へ感染する場合と、食品から感染する場合があります。
Q2 どうやって感染するの?
A 手についたり乾いて舞い上がったウイルスが口に入る、ウイルスに汚染された食品を食べる、吐物や排せつ物の処理の時に口に入ってしまう等、様々なルートがあります。
ウイルスは下痢やおう吐の症状がなくなってからも約2週間は体から排出されますので、その間は感染することがあります。
Q3 どうやったら予防できるの?
A

1.正しく手洗いをしましょう。

(1)予防する最も有効な対策は手洗いです。
トイレの後、調理・食事の前は、必ずせっけんで洗いましょう。

(2)石鹸で洗った後、流水で30秒以上かけ、よく流しましょう。

2.吐いた物や便の始末に注意しましょう。

床などに飛び散った汚物を処理するとき

(1)使い捨てのマスクと手袋をします。窓を開けるなり、換気をしましょう。

(2)汚物を使い捨ての布やおむつ等で、外側から内側に向けて、静かに拭き取ります。汚れた面での二度拭きはしないで下さい。

(3)ふき取った後は0.1%塩素系消毒液(作り方A)で浸すように床を拭き、10分程度おいて水拭きします。

(4)使用したタオル・マスク・手袋・おむつなどはビニール袋に入れてしっかり閉じて捨てます。

作り方A:
500mlの水の入ったペットボトルに対し、一般的に市販されている家庭用漂白剤(塩素濃度約5~6%)をペットボトルのふたに、約2杯(約10ml)入れます。

汚物がついた衣服などの処理

感染予防の為、洗濯はほかのご家族のものと別にしましょう!

(1)手袋・マスクを着けます。窓を開けるなり、換気をしましょう。

(2)水の中で静かに下洗いします。

(3)下洗い後0.02%塩素系消毒液(作りかたB)に10分間つけ置きした後、いつも通りの洗濯をして下さい。衣類の素材によっては色落ちすることがあります。

作り方B:
500mlの水の入ったペットボトルに対し、一般的に市販されている家庭用漂白剤(塩素濃度約5~6%)をペットボトルのふたに、約半分(約2~3ml)入れます。

● 注意事項 ●

ウイルスが飛び散らないように、また自分が感染しないように処理をした後は手洗い・うがいをしっかりとしましょう。

  1. ぱるむTOP
  2. ぱるむ光が丘
  3. ぱるむ大泉
  4. ぱるむだより
  5. ぱるむのお食事

  1. 地図検索
  2. 医療機関名から検索
  3. 診療科目から検索
  4. 練馬区内病院一覧
  5. 救急医療機関
  6. 練馬区急患診療所
  7. 健診・検診のご案内
  8. 予防接種のご案内
  9. 産業保健のご案内
  10. かかりつけ医について
  11. もの忘れ相談医
  12. 糖尿病医療提携
  13. 介護保険について
  14. 医療トピックス
  15. 医学会区民セミナー
  16. 特定健診・特定保健指導
  17. 練馬区医師会
  18. 医療健診センター
  19. 訪問看護ステーション 居宅介護支援事務所
  20. 病児保育センターぱるむ
  21. 医療連携センター
  22. 練馬区医師会携帯サイト

ページトップへページトップへ