練馬区医師会

  1. 医療機関のご案内
  2. 地図検索
  3. 医療機関名から検索
  4. 診療科目から検索
  5. 練馬区内医院一覧
  6. 救急医療機関
  7. 練馬区急患診療所
  8. 健診・検診のご案内
  9. 特定健診・特定保健指導
  10. 予防接種のご案内
  11. 産業保健のご案内
  12. かかりつけ医について
  13. もの忘れ相談医
  14. 糖尿病医療連携
  15. 介護保険について
  16. 医療トピックス
  17. 医学会区民セミナー
  18. 練馬区医師会
  19. 医療健診センター
  20. 訪問看護ステーション 居宅介護支援事務所
  21. 病児保育センターぱるむ
  22. 医療連携センター
  23. 求人情報
  24. リンク
  25. 個人情報保護規定
  26. 個人情報保護方針
  27. ご意見・お問合せ

医療トピックス

こどもクリニック通信

熱性けいれんってなに?

熱が上がるときにけいれんが起きます。

熱性けいれんとは

かぜや肺炎、突発性発疹などで高い熱を出したときにおこしやすく、1~4歳くらいのこどもの約10%が起こすともいわれていますが、たいてい6歳になる頃には自然におこらなくなります。

どんな症状

熱の出始めに急に意識がなくなり、体を硬くしたりガタガタふるえたりすることがあります。また、熱性けいれんは熱の上がる時の寒気(さむけ)に似ていますが意識がない、つまり呼びかけなどに応じない点が異なります。多くの場合は5分以内にとまります。

手当て

子どもがひきつけてあわてないお母さんはいませんが、ほとんどの場合は短時間でとまりますので、あわてずに下記のことをしてみてください。

  1. まずは落ち着いてください。
    「私があわててはこの子のためにならない」と言い聞かせて…。
  2. 静かに寝かせておきましょう。
    からだを激しくゆすったり、たたいたり、大声で名前を呼んだりしない。
  3. 衣服をゆるめて、風通しの良い静かな部屋に寝かせましょう。
    吐いたものがのどにつまらないように顔を横向きにしましょう。
  4. 翌日にでもお医者さんで受診しましょう。
    熱性けいれんは軽症の場合が多いのですが、まれに重症の場合もありますので念のために受診しましょう。
    しかし、次のようなことがありましたら、すぐに病院に行きましょう。
    (1) ひきつけ時間が10分を超える
    (2) 1日に何度もひきつけをくり返す
    (3) ひきつけが終わっても意識が戻らない

赤ちゃんは感受性が強いので、お母さんがパニックになると赤ちゃんも不安になります。落ち着いて…。

  1. 地図検索
  2. 医療機関名から検索
  3. 診療科目から検索
  4. 練馬区内病院一覧
  5. 救急医療機関
  6. 練馬区急患診療所
  7. 健診・検診のご案内
  8. 予防接種のご案内
  9. 産業保健のご案内
  10. かかりつけ医について
  11. もの忘れ相談医
  12. 糖尿病医療提携
  13. 介護保険について
  14. 医療トピックス
  15. 医学会区民セミナー
  16. 特定健診・特定保健指導
  17. 練馬区医師会
  18. 医療健診センター
  19. 訪問看護ステーション 居宅介護支援事務所
  20. 病児保育センターぱるむ
  21. 医療連携センター
  22. 練馬区医師会携帯サイト

ページトップへページトップへ